レレレのおじさんは、どうしていつもほうきで道を掃いている?

赤塚不二夫(あかつか ふじお, 1935年-2008年)のギャグ漫画・天才バカボンで、「おでかけですか、レレレのレー?」と、通りかかった人に声をかける、レレレのおじさんが登場します。
が、このレレレのおじさんは、どうしていつもほうきで道を掃いているのでしょうか?

レレレのおじさん
レレレのおじさん
写真は、こちらからお借りしました。

レレレのおじさんには、25人の子供がいます(全員独立しています)。
昔、毎朝子供たちに学校の登校を促す際、人数が多すぎるために、ほうきで家から追い出していた癖が抜けないということになっています。

ちなみに、このレレレのおじさんは、作者・赤塚不二夫がかつて愛読していた杉浦茂(すぎうら しげる, 1908年-2000年)の漫画のキャラクターがヒントになっているといわれますが、もともとのモデルは、釈迦(しゃか)の弟子の一人で「掃除」で悟りをひらいたチューラパンタカ(周利槃特=しゅりはんどく)だということです。

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*