ねずみ男の本名は?

ネズミ男
写真はこちらからお借りしました。

水木しげる原作の漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるねずみ男ですが、『鬼太郎地獄編(きたろうじごくへん)』では、あの世とこの世の間に「ねずみ男族」なるものが存在し、ねずみ男はそこから現世に迷い込んだという設定になっています。

「ねずみ男」というのはこの世界の住人の総称(そうしょう)で、ねずみ男の本名は「根頭見(ネズミ)ペケペケ」です。
「ペケペケ」とは、水木しげるの出兵(しゅっぺい)したニューブリテン島のトライ族の言葉で、「大便」を意味します。

ちなみに、ねずみ男は人間と妖怪との間に生まれた半妖怪で、猫や猫系妖怪が苦手で、特に天敵(てんてき)は猫娘です。
また、ねずみ男は、一時期自家用車として、明治時代の霊柩車(れいきゅうしゃ)を所有(しょゆう)していたこともあります。

参考にしたサイト
ねずみ男 – ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E7%94%B7

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*