「グレートマジンガー」の最終回はどうなる?

永井豪(ながい ごう)とダイナミックプロ原作のロボットアニメ・「グレートマジンガー」(マジンガーZの続編)で、最終回はどうなるのでしょうか?

グレートマジンガー
写真は、こちらからお借りしました。

仲間から孤立(こりつ)したような思いをいだく剣鉄也(つるぎ てつや)の隙(すき)を突くように、ミケーネ帝国を支配する闇(やみ)の帝王は、地獄大元帥(じごくだいげんすい)をはじめとする部下たちに総攻撃を命令します。
そして、地獄大元帥の指揮する無敵要塞(むてきようさい)デモニカの出現によって、グレートマジンガーは窮地(きゅうち)に追い込まれます。

この危機に、科学要塞研究所の所長である兜剣造(かぶと けんぞう)は、グレートマジンガーを救うため、デモニカに突撃(とつげき)。
その知らせを受けた剣造の息子・甲児(こうじ)は、現地へ急行します。

そして、瀕死(ひんし)の剣造が残した言葉を受け、それまで自分と対立していた鉄也へのわだかまりを捨てると、マジンガーZでデモニカを攻撃します。

そこへ、グレートマジンガーをはじめとする仲間のロボットが合流。
一致協力して、デモニカを撃破(げきは)します。
そして再び、平和が訪れます。

その後、自分の身勝手さが原因で剣造を死なせてしまった鉄也は、己の行動を悔いて再起を誓うのでした……。

「グレートマジンガー」のテレビ放送
1974年9月8日 – 1975年9月28日(全56話)

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*