「アタックNo.1」の最終回はどうなる?

浦野千賀子(うらの ちかこ)原作のスポーツ漫画・「アタックNo.1」(アタックナンバーワン)のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

アタックNo.1
写真は、こちらからお借りしました。

ブルガリアで開催されているバレーボール世界選手権。
決勝リーグ最終戦の日本対ソ連は、金メダルを賭(か)けた一戦となっていました。
セットカウント1:1で迎えた第3セットも、いよいよ大詰めで、ソ連がセットポイントを迎えます。

と、ここで、ソ連のエースアタッカー、シェレーニナの半回転スパイクが炸裂(さくれつ)。
第3セットを落とした日本は、セットカウントでソ連にリードを奪われてしまいます。

絶対に落とせなくなった大セットの開始前、鮎原こずえはかなりの疲労を見せていました。
その様子に気づいた猪野熊監督は、鮎原に休むように指示します。
しかし、彼女は監督の指示に従わず、第4セットも強硬(きょうこう)出場します。

続く第4セットでも、シェレニーナの半回転スパイクは絶好調。
抜群(ばつぐん)の威力を見せます。
そして、それに驚異的な粘(ねば)りで対応していく日本。

だがしかし、コートの中の鮎原は、竜巻落としに次ぐ”第2の魔球”にこだわっていました。
いまだ完成していない”第2の魔球”を模索(もさく)しながらのプレーに、ついに鮎原はバランスをくずして落下。
一度目は耐えるものの、二度目の落下で、彼女はとうとうダウンしてしまいます。

そして、ベンチメンバーと交代して、控え室で休むことになる鮎原。
そんな彼女の前に、不慮(ふりょ)の事故で亡くなった努の亡霊(ぼうれい)が現われます。
驚く鮎原。
努は、そんな彼女に励ましの言葉をかけると、すぐに消えてしまいます。

一方、鮎原を失った日本は、残りのメンバーの奮闘(ふんとう)で、なんとか第4セクターを奪取(だっしゅ)。
タイスコアへと持ち込んでいました。

そして迎えた、運命の最終セット。
復活した鮎原は、本来のプレーを取り戻し、再びシェレーニナとの激しい打ち合いを展開。
手に汗を握る接線の末、最後は鮎原の竜巻落としが決まり、日本は強敵ソ連に勝利したのでした。

こうして、日本は金メダルを獲得(かくとく)。
さらに、鮎原は大会の最優秀選手に選出されました。
彼女はまさに、世界の”アタックNo.1”となったのです。

「アタックNo.1」のテレビ放送
1969年12月7日 - 1971年11月28日(全104回)

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*