「もーれつア太郎」の歌を歌っていたのは、元お笑いタレントの島田紳助だった?

赤塚不二夫とフジオプロによる、江戸っ子気質が色濃く残る東京下町を舞台にした、人情ものの雰囲気をもつギャグ漫画「もーれつア太郎」。

もーれつア太郎
写真は、こちらからお借りしました。

正確には、「新・もーれつア太郎」の方ですが、オープニング、エンディングテーマともに歌っていたのは、元お笑いタレントの「島田紳助(しまだ しんすけ)」でした。


もーれつア太郎(新) OP がってん承知ノ介/島田紳助&バスガス爆発楽団

島田紳助は、元お笑いタレント、実業家です。
1974年から吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。
2011年に、芸能界を引退しました。

島田紳助は、18歳の時に、「B&B」に憧れて、師匠の島田洋之介・今喜多代(後・今日喜多代)に弟子入りをします。
そして、1977年9月に、松本竜介(解散後「松本竜助」に改名)と漫才コンビ「紳助・竜介」を結成。
その芸風は「ツッパリ漫才」と呼ばれ、若い男性を中心に爆発的人気を得ます。

そして、1980年頃からの漫才ブームにおいて、関西の雄(ゆう)として一翼(いちよく)を担(にな)った他、後輩の「ダウンタウン」にも大きな影響を与えます。

が、1990年代に入ってからは、お笑い以外でのテレビ出演も増えていきます。
テレビ朝日・ABC「サンデープロジェクト」の司会に起用され、話題を呼んだことを皮切りに、司会者としての仕事が増えていき、「EXテレビ」、「ダウトをさがせ!」、「開運!なんでも鑑定団」などが人気番組となります。
やがて島田紳助は、司会者としての地位を不動のものにしていきます。

「もーれつア太郎」は、そんな島田紳助が、転換期に入った頃のアニメソングの仕事となります。
このアニメは、1990年4月21日から同年12月22日まで、テレビ朝日系にて放送されましたが(全34回)、主題歌を島田紳助が歌ったことも話題のひとつとなりました。

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*