「ちびまる子ちゃん」の最終回はどうなる?

ちびまる子ちゃん

さくらももこの描いた愉快な日常絵日記コミック「ちびまる子ちゃん」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

「ちびまる子ちゃん」は、2度アニメ化されています。
最初(第1期)のシリーズの最終回は、以下の通りです。

ある日、さくら一家が大掃除をしていると、たんすの中から数枚の株券(かぶけん)が出てきました。
この株券は、今は亡き友蔵が、生前から大切に保管していたものでした。

良く調べてみると、株価が激しく高騰(こうとう)していて、とんでもないことになっていたのです!

すぐに、さくら一家はこの株券を売って、貧乏から一転して大金持ちになります。

その結果、平屋の家は大豪邸(だいごうてい)となり、二人の娘も大学へ進学できるほどに。
まる子は、上京して大学を卒業した後、長年の夢だった漫画家になったのでした。

「ちびまる子ちゃん」のテレビ放送
第1期:1990年1月7日 – 1992年9月27日(全142話)
第2期:1995年1月8日 – 継続中

参考にしたサイト
ちびまる子ちゃんの最終回-世にも奇妙な都市伝説
http://yonimokimyo.com/blog-entry-178.html

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*