「あらいぐまラスカル」の最終回はどうなる?

スターリング・ノースの回想小説・「はるかなるわがラスカル」を原作とした「あらいぐまラスカル」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

あらいぐまラスカル
写真は、こちらからお借りしました。

ラスカルを、森に帰す日がやってきました。

その日、友達のアリスがスターリングを訪ねてきました。
ラスカルにキャンディーを持ってきたのです。
そしてアリスは、自分も一緒に行けないかと尋ねます。
が、スターリングは、やはりラスカルと2人で森へ向かうと告げます。

スターリングとラスカルは、アリスに見送られながら、サンダース河でカヌーに乗ります。
そこから2人はロックリバーへと下り、その先のコシュコノング湖を目指すことになります。

カヌーでは、ラスカルがアリスにもらったキャンディーをなめています。
スターリングは、その姿を見ながら、今までの出来事を思い出します。

やがて、コシュコノング湖にカヌーが到着すると、2人は夜が訪れるのを待ちます。
湖に満月の夜がやって来ると、湖畔(こはん)の森からあらいぐまの鳴き声が聞こえ始めます。

声がする方を見ると、メスのあらいぐまが、ラスカルに向かって呼びかけているようです。
スターリングは、何度も振り返るラスカルに、

「行って、お前の幸せをつかめ」

と告げます。

するとラスカルは、カヌーから湖に飛び込み、呼びかけるメスの方へと泳いでいきました。
2匹のあらいぐまがこちらを見ている中、スターリングは涙ながらに湖をあとにします。

やがて、スターリングがミルウォーキーへと旅立つ日がやってきました。
出発前に父とともに母の墓参りをすませると、スターリングは駅へと向かいます。

するとそこには、アリスとオスカーが見送りに来ていました。
彼らと挨拶(あいさつ)を交わすと、スターリングは1人で汽車に乗り込み、ミルウォーキーへと旅立ちます。

汽車の窓から離れ行く故郷を眺(なが)めながら、スターリングは人々への感謝を胸に抱(いだ)きます。
そして、本当の友達だったラスカルの幸せを、心の底から祈るのでした。

「あらいぐまラスカル」のテレビ放送(全52話)
1977年1月2日 – 1977年12月25日

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください